ブロガーウォッチ

地方を食い物にする移住系ブロガー達

地方を食い物にする移住ブロガー

日本の地方は人口減少・過疎化・高齢化という問題を抱えている。

そこで地方自治体は都会からの移住を推進している。

そこに目を付けたのが、移住系ブロガー達だった。

地方自治体は移住促進に数億単位の予算を投じている。

そのお金のおこぼれを預かろうと都会からブロガーが地方に移住している。

日本各地の自治体やNPOの移住セミナーに参加、地方のために働てるように見せて、実は自分たちの地名度を上げて儲けている。

中には地方自治体の移住予算の恩恵を受けているものもいる。

 

地方の情報発信をしない移住ブロガー

行政としては、移住ブロガーが地方の情報発信をしてくれると思っていたのだろう。

しかし、移住系ブロガーは、地方の情報を発信しない。

それは地方のマーケット人口が少ないために、ブロガー収入が上がらないからだ。

県外観光客の少ない人口100万人の県の情報発信しても、県内の人口の10%の10万人が月一回アクセスしても10万PVにしかならない。

これではブログ収入は数万円しかない。

だから、地方に移住したブロガーは、地方の情報発信をせず、仮想通貨などの情報を書いて儲けているのだ。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

-ブロガーウォッチ

error: Content is protected !!